フランスのコミューン、グルエーズ に設立された二天一流 メモリアルは歴史、原点、ジャルニウー 、ヴィル=シュル=ジャルニウー、コニー、リエルグ における日本の記憶を思い起こさせる。世界の13の 国々 の承認と後援を受け、2014年12月8日 以来、翻る16の正式の 国旗 の下に佇む道場は唯一無二の建物となっている。15の旗竿の上には、美作、森一族、ローヌ・アルプ地方、サントル=ヴァル・ド・ロワール地方、ブルゴーニュ地方、日本、フランス、日仏国交 150周年記念、二天一流メモリアル、聖心、聖心三色旗、聖霊、カンボジア、ASEAN、ロシア リヨン - 日本クラブの旗がはためく。

歴史 - 二天一流メモリアルの創立

二天一流 メモリアルは、特に、以下のようなほとんど、あるいは全く知られていない事実を記した正確で決定的な歴史的出来事のアンソロジーを想起させる。

オーギュスト・ヴェラン・ギノンとルシアン・ピカール

1817年、オーギュスト・ヴェラン・ギノン は リエルグで生まれた。1869年、リエルグはジャルニウー ・コミューンの村となり、共同洗濯場、村役場、学校、教会などの公共の建物が村に寄進された。ギノンはリヨン近くの サン=フォン に化学製品工場を設立し、財を成した。ギノンは絹織物産業 で多用されるピクリン酸と共に、メリニットとして知られる強力な爆発物を製造した。ギノンが製造した製品は日本 に大量に販売され、特に日露戦争 という状況の中で使用されたこともあり、リヨンの クロワ・ルース の丘の織物工の不断の努力のより絹の街の産業は一気に発展した。

この貿易は リヨン地方 の拡大、さらにボジョレーのワイン醸造の歴史の起源を形成した。リヨン と 日本 の爾来150年にわたる交流 は 2014年12月8日、グルエーズに設立された 二天一流メモリアル リヨン-日本-日本-リヨンに示されている。

 

オーギュスト・ヴェラン・ギノンはルシアン・ピカール[7]と深い関わりをもつ。自身も化学産業の工場を経営し、コニーの市長でもあったピカールの記念碑は 二天一流メモリアル の旗竿の下で歴史を思い起こさせている。

エミール・ギメ

1859年以来、2つの国の 親睦を深めるために大洋を渡り尽力したのは一握りのフランス人と日本人 だった。エミール・ギメ は1876年、日本 の官命を受けて来日し、京都の知事であった中村 正直宅で元在長崎 フランス 領事館領事で京都 フランス学園の校長でもあったレオン・デューリー  と出会い、明治期の海外留学生として旅立つ7名の学生を育成した。エミール・ギメ  は日本人学生が学業を続けられるよう リヨンに呼び寄せた。学生のうち、後の領事となる山田ら2名が選ばれ、リヨン科学・工業技術学校 リヨン

 

学・工業技術学校マルティニエアで学費を免除され、科学技術を学んだ。この重要な知識移転により 日本 は重要な技術の移転、特に絹織物産業 の技術移転が可能となった。

1919年、かつてリヨン で学んだ学生らが再会し、日本での任務のため来日したリヨンの大学 の友を歓迎した。1924年、彼らの努力は 在東京 フランス大使館大使 ポール・クローデル氏、当時教育大臣でリヨン市長、上院議員でもあった エドゥアール・エリオ氏 の臨席を仰ぎ、京都日仏会館 の創立となって実った。

これらの青年は当時および将来の 日本 の世界的な繁栄に深く貢献し、国家の産業の発展を大きく支えた(参照: 19世紀における日仏関係)。

特に記念碑に名前が刻まれているエミール・ギメ[12] や若き貢献者は 二天一流メモリアルの深い基盤を構成する1つとなっている。

ルイ・ミシャレ

1998年5月、リヨン - 日本クラブ、および1997~98年のフランス日本年組織委員会は キク・ヤマタの自伝小説、Le mois sans dieux(神無月)を再刊した。1996年6月、リヨンで開催された G7 において、在日本フランス総領事ルイ・ミシャレ氏が果たした重要な役割のおかげで 橋本龍太郎 、ジャック・シラク 両首脳は 日本文化の表面的で、時には不正確な知識の溝を埋めるために1997年4月から1998年3月まで「フランス日本年」を企画することを決めた。フランス日本年が開始した年、パリ日本文化会館もオープンした。「日本におけるフランス年」は、「日本の年」へと続き、これら二つのイベントが合わさって 21世紀の日仏関係 の幕開けとなった。

1897年にリヨンに生まれた キク・ヤマタには、その血縁から東西の2つの文化が浸み込んでいた。父の山田忠澄は、日本領事館の領事であったが、1885年在リヨン日本領事館の領事となり、後の妻マルグリットを知った。キク・ヤマタ はエドガー・キネというリセで普通教育を受け、フランス文学を学んだ後、東京 の 聖心女子学院を卒業した。フランスに戻ると ソルボンヌ 大学で歴史と芸術を学び、第一線の文筆家として活躍した。例えば、キクの最初の小説「 マサコ」は17回再版されている。「Le Mois sans dieux(神無月)」 は、再版され、リヨン日本クラブの会長兼創設者の序文が載せられ、常に欧米の自由と豊かな日本文化の調和をとることのむずかしさを表現している。この物語はまさに絹の街と絹の国の間の絆の象徴だ。リヨン-日本の 旗 が表現する結合だ。

 

リヨンと日本を結ぶこの絆は保たれ、リヨン日本クラブ創立者兼会長のルイ・ミシャレ氏により、新たになり、保たれ、支持されている。さらに 1996年のG7においてルイ・ミシャレ氏はボジョレーとリヨン地方における日本経済と文化組織の確立を促進した。リエルグ・コミューンにある、シャトー・ド・レクレール は ボジョレー の中心部に日本料理の人気スポットを確立する目的で、NHK 、メゾン・ボキューズ[17]の仲介を通してエコール辻、に買い取られた。また、在日本総領事館 名誉総領事 の日 本ルイ・ミシェレ氏は亡くなる前に 二天一流メモリアル に保管してあったリヨン日本クラブの書類一式を手渡し 、建物の入念な準備に貢献した。

宮本武蔵道場

日本とフランスの架け橋である 二天一流メモリアル は、16世紀、人生を戦いに賭けた無敵の侍(60戦以上負けなし)宮本武蔵 を偲び設立された。以来、その系統は 日本 の中心から、世代から世代へと受け継がれている。 グルエーズ の宮本 武蔵道場 は日本の 武蔵 流 のフランス道場であり、その結果、日本-フランス 二天一流 を束ねている。

実際、1999年2月26日に、二刀流である日本の武蔵流の代表(二天一流)は グルエーズ の 道場 の招待を受け、初めて フランスを訪れた。2月27日、公式レセプションと武道 のプレゼンテーションの際、日本武蔵 流の代表は800人を前にし、2月26日の発言を改めて表明し、武士道の精神に基づく仕事の豊かさと明白さを認めた。(宮本武蔵によって書かれたの伝統の集大成と道しるべ「 五輪書」は、日本文化とその本質の基礎から発しており、国宝 の要素の1つである。)。武蔵流派遣団より グルエーズに武蔵派主流の欧米の道場を作るという提案を受け、以来、伝統的な流派である 古武道として認められている。

 

1999年3月4日木曜日、日本に創設された流派で、日本の武士道の最も気高い精神を代表し、武道 (武道、武士道、フェンシング、剣道、合気道)の大部分の理念の貢献している武蔵流は グルエーズに設立された 合気道の道場 を後援。(道の詩 は 植芝盛平 の筆による最も純粋な表現)。 また、道場は「道場宮本武蔵道場」という新たな名前を冠し、フランスにおける日本の武蔵派を代表し 武蔵派の欧米主要拠点となった。その結果、日本-フランス二天一流メモリアル創設の正当性を得た。

二天一流メモリアルの記念碑。

宮本武蔵武道館

 

2000年5月20日、グルエーズ の 宮本武蔵 道場は日本の二天一流武蔵流より招待を受け、美作市 大原長の新宮本武蔵武道館道場開所式 に出席するため 日出づる国に行った。

武道館の外側の形は特に岡山県のシンボルである兜の形をしており、日本文化と生まれ故郷の中心的人物武蔵 を想起させる 。これは剣の道を扱う様々な流派を束ね、日常的に、その遺産、武士道 精神の発祥地、そして日本に関する集団的記憶を呼び起こす。

その後、フランスの武蔵流を代表する ローヌ地方 の旗と日本の武蔵流を代表する 美作市 の旗が正式に交換された。2008年5月18日以来現在まで旗の掲揚は武道館の前で定期的に行なわれている。 美作、森一族 、ローヌ・アルプ地域圏、サントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏方、ブルゴーニュ地方、日本、フランス、日仏国交150周年記念、二天一流メモリアル、聖心 聖心三色旗、精霊、カンボジア、ASEAN、ロシア、リヨン - 日本の旗[30] が次々と掲げられる 。従来の宮本武蔵武道館は欧米の二天一流メモリアルに反射する鏡 であり、東の果てから来る光 の原点であることが証明された。

 

それは伝統的に、外交的、地政学的、文化的、歴史的、精神的な偉業が、日本、そして根源的な日本では、そのような性質の外部からもたらされるものを日本の土壌で容認する傾向がないことを意味している。この回帰的かつ極めて象徴的な行為により、宮本武蔵武道館[25] と二天一流メモリアル[1]を結びつける絆、および1998年からのグルエーズ・コミューンと大原町を結びつける絆を深く、永続的なものに強化することができた。

宮本武蔵武道館 2015年5月。

創設 -二天一流メモリアルの広がり

2014年12月8日、当初シャトー・デ・ボアスフランに創設された二天一流メモリアル は、国家、自治体、領事館などの当局や上院議員の後援と臨席の下、正式な式典において、グルエーズのコミューンの地で法律的にも、国家、自治体にも認可を与えられた。

12月8日には 二天一流メモリアルは、聖母マリアに捧げ、まず聖母マリアのしもべの代弁者、聖マルグリット・マリー・アラコクが1917年パライユ=ル=モニアル 、クレア・フェルショーに伝えた聖母マリアのけがれなきみ心 の慎ましい願いを広めている。実際、彼女らが慎ましく受け取っていたものを介して フランス政府による聖心 の承認が知らされた

またフランス国家行政機関 による参照文献がフランスにおける二天一流メモリアルを公認している。また カンボジア王国 さらにはそのつながりで、東南アジア 11か国が加盟するASEAN から叙勲された。以来、二天一流メモリアルは、これらの国の架け橋となり、商業的、文化的 精神的な交流を促進している。

 

リヨンの画家 アントワーヌ・バルビエ の絵画のコレクションが、彼の名前を冠した美術館をカンボジアに建設するためにカンボジアに遺贈された。2017年6月以来、ロシア外務省 そして、在パリロシア大使館 の間接的な仲介により、この歴史的に重要な場所が、伝統的な文化と文明を想起させる場、フランス と ロシア[39]を強く深く結ぶ絆として認知された。同様に、ロシア はこの場所の真正性を認証し、議論の余地のない正当な台座であることを認めている。

リンク

カンボジアとASEANは2016年7月15日の式典に参加した。

© 2018 Ecole Miyamoto Musashi - Hyoho Niten Ichi Ryu